債務整理とは?

債務整理は多重債務により借金が返せなくなった方が、また生活をやり直すために一度借金の整理をすることです。

名古屋の債務整理についてよくある疑問を解決!

破産をするときは裁判所に行かないといけない?

破産宣告をする前には、「破産審尋」という申立人が裁判所に出頭して、借金を作った経緯を説明しなくてはいけません。

破産をしたらもうお金は借りられない?

ブラックリストに載るため、7年程度借入れができなくなります。しかし、時間が経てば審査次第で借入れできることもあります。

債務整理でよく聞くブラックリストって何?

信用情報会社が管理するリストにある、破産者などの事故情報のことをブラックリストと言います。

自己破産をすると家族や子どもに影響する?

法律上夫や妻・子どもは別人格ですので、保証していない限り影響はありません。ただし、保証している場合は一度弁護士に相談するなどしてください。

家族に内緒で自己破産できる?

別居している場合、自分から言わない限り破産していることを知られることは少ないようです。同居の場合は、通知などで発覚するケースがあります。

知っておきたい最低限の情報

弁護士バッジ

名古屋で債務整理をする場合には、債務整理とは一体何かをよく理解しておきたいところです。債務整理とは、個人再生や任意整理そして自己破産などがこれに該当します。これらは、債務を完全に放棄するとは限らず債務を減免しながら支払い続ける個人再生や任意整理なども存在するため、どれに該当するかによってブラックリストに掲載される期間も異なるでしょう。一般的に信用保証会社のブラックリストには掲載されますが、自己破産以外は5年から7年程度で名前が消えるとされています。これに対して、自己破産の場合は7年から10年ほど名前が継続して掲載されるわけです。この間は、基本的に消費者金融などでお金を借りる事は難しくなります。また、住宅ローンや自動車ローンなども組むことが難しいです。

返済できる形に引き直す

男性弁護士

名古屋で債務整理をする場合には、少なくとも自己破産でない限り返済できるところまで下げてあげる必要があります。現在債務の支払いが難しい場合に債務整理をすることになりますが、減免する場合も、利息だけ減らす場合もあれば、残りの債務額も減らすこともあります。この場合、債務整理の業者に依頼すればこれらを全て行ってくれるでしょう。業者といっても、多くの場合法律に詳しい弁護士事務所等が行う流れになります。これにより、専門的な知識を持った人が行ってくれるため任せて安心です。

広告募集中