籾山圭のオフィシャルサイト | 増す⁈ます!HOT☆毛ない♪

代表/美容志籾山 圭(ほっと毛ない社長)

ケンジグループFCオーナー/美容志 東京・神奈川で美容サロン6店舗を展開し、自身も世田谷区成城などでサロン美容志として活動中。自身の〝美容業界に人生を変えてもらった〟という経験を活かして人財育成、業界の発展を目指す。ファッション業界に在りながら無類の歴史好き

施術写真

「夢を分け与える日本一幸せな大社長」が夢。

6店舗共通の強い想いは、お客様・仲間共に〝一生のお付き合いのできるサロン〟そこに覚悟が生まれ感動が生まれる。僕達はヘアデザインだけを売るのではなくその先にある感情をデザインします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スタイル成城
STYLE成城
LUCK成城
LUCK成城
IORE経堂
IORE経堂
FACE伊勢原
FACE伊勢原
Leali
Leali
co.co.
co.co.

Blog

ブログも見て下さい☆

  • Category

  • 2017年10月18日

    リーダーになっちゃった人へのリーダー論

    〝過ぎたるもの〟を受け入れ際限なく伸びるチームへ!

    いわゆる、なっちゃったリーダーを体験させて頂いた中で ある時 凄く鮮明に残った言葉。

    三成に過ぎたるものが二つ。島の左近と佐和山の城

    ゲームや先月公開された岡田氏 主演の映画 関ヶ原などの影響もあり 今や人気ナンバーワン武将といってもいいほどの戦国武将

    〝石田三成〟に対しての言葉。

    島左近っていう他国からもオファーが殺到するような、めちゃくちゃ強い人を味方にして なおかつ、佐和山城っていう自分の身の丈 以上の城を持っていた。

    これらを見て妬みや賞賛の意を込めて、周りの人たちが、そうささやいてたって話。

    この〝過ぎたるもの〟ココがポイントなんだろうなって当時思ったんでしょうね。 だから凄く頭にフレーズとして残ってる。

    今現在、僕の周りには〝過ぎたるものがいっぱい♡〟

    自分より沢山のお客様に指示されてる仲間 自分より沢山の賞歴を持ってる仲間。 自分には出来ない技術を持ってる仲間。 自分には無い魅力を持ってる仲間。 自分より美容の能力を持っている仲間。 自分より頭の回転の早い仲間。 自分なんかより心が真っ直ぐな仲間。

    そして、自分の身の丈以上のデッカいサロン。 6店舗っていう店舗数。 50人っていう大勢の仲間。

    どれも過ぎたるもの

    ただ、そんな中で感じたリーダーとして大事なこと3つ!!

    まずは、【過ぎたるものを受け入れる勇気を持つ事】

    職場で自分よりも優れた部分を持つ人を前にして 『この人に立場を取られたらどうしよう』っていう思いや 過ぎたるものについて妬んだり恨んだり不平不満を言ったり。。。

    『無駄すぎる!!』 笑 時間の無駄ですよね。

    だったらその時間、自分の得意分野を磨く時間にした方がいい

    そして、自分がどうなりたいか?誰を幸せにしたいか?どんなチームを創りたいか!? しっかりイメージし直す!そうする事によって受け入れられる勇気が持てる♡

    次は、【過ぎたるものに感謝できる心を持つ事】 過ぎたるものは時に憎かったり、怖かったりするものだと思います。

    自分の中でも、現在メインで在籍する70坪でしかも作りのとても良いサロンを目の前にした時に そこで本当にやっていけるのか?不安で怖かったし、実際始まってみると 毎日課題だらけで、諸先輩達やお客様にサロンの内装を褒めてもらっても 嫌味にしか聞こえませんでした笑

    それらの感情を全てごっそり振り払ってくれるのが感謝。 ただ、感謝しようと思ってもなかなか上手くいかないってあります。

    最初は心で思ってなくてもいい。

    『感謝してます』って声に出せばいいんです

    よく口が裂けても言えません!って言うけど 裂けちゃうくらいなら言いますよね笑

    だから始めは思ってなくても声に出せばいい そうすると不思議と少し心が軽くなります♪

    ちなみにこれ、モノに対してもコトに対してもヒトに関しても同じ事。

    さて!最後は【誰にも負けないモノを一つ持つ!】

    リーダーとして、他の仲間がもってない技術や魅力。 もしくは飛び抜けた何か!

    自分としては、ウチのチームに過ぎたるものが多過ぎる為

    〝男の器と人望だけは誰にも負けたらあかん笑〟と日々感じ 武士道を磨いておりますm(_ _)m真の武士道まではほど遠過ぎますが。。。

    籾山含め、なっちゃったリーダーの皆さん!

    過ぎたるものを勇気を持って受け入れ、逆に感謝し より良いチームを創っていきましょう!
  • Month

  • カテゴリー

  • 月別

  • Month