HOME>ホットトピックス>銀行からの借り入れも専門家を通して解決できる

目次

困ったときはその道のプロに

男女

債務整理ができる相手は消費者金融だけではなく、すべての金融機関に対して手続きができます。銀行を相手に債務整理をするなら、該当する銀行の口座残高をゼロにしておきましょう。名古屋で銀行ローンを債務整理する場合、延滞が長期的に続いていると預金を差し押さえられる可能性があるからです。銀行預金の一部をタンス預金にするなどし、今後の生活に備える必要があります。債務整理の手続きにかかる費用も多めに残しておきましょう。

事前に行っておくべき対策

男性弁護士

口座凍結は給与口座や引き落とし口座なども対象になります。口座に給料や公共料金の引き落とし分のお金を残しておくと、口座凍結に伴って差し押さえられます。名古屋で債務整理をするならば早急に別の口座を開設して現金を移行したり、公共料金の支払い方法を変えたりする必要があるでしょう。

広告募集中